海上自衛隊 掃海艇つのしま入港

乗員を前に歓迎の挨拶

5月18日、大阪港に掃海艇つのしま(基準排水量510トン、長さ54メートル、幅9.4メートル、深さ4.2メートル、喫水3.0メートル、乗員約40名)が入港、一般公開が行われました。
 
入港歓迎セレモニーで、第42掃海隊後援会会長(本部 堺区)の私(護衛艦いせ後援会・潜水艦救難艦ちはや後援会 会長)は「村川豊前海上幕僚長が自衛隊員を激励した時『私たちが国を守らずに、誰がこの国を守るのですか』という若い隊員の言葉に感銘を受けられたということを聞きました。私もそのような熱い想いを胸に、これからも自衛隊をサポートする活動を続けながら、一人でも多くの方が国防の大切を理解していただけるよう力を注ぎたい」と挨拶を行いました。
 
阪神基地隊(司令 深谷克郎 1等海佐)に所属する掃海艇「つのしま」と「なおしま」で編成される第42掃海隊は、主に大阪港及び紀伊水道などにおける警戒監視、爆発性危険物の処理等の任務に従事しており、自治体等主催の防災訓練への参加及び体験航海等の業務を行っています。

大阪港に入港する掃海艇「つのしま」

Recent Posts

Archives

Categories

カレンダー

May 2019
M T W T F S S
« Apr   Jun »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

login